本サイト: Home: ホーム / 製品 / ワイヤー&ケーブル / CENTERVIEW 8000

非接触のスペシャリスト

CENTERVIEW 8000は、あらゆる丸型の単線導体ワイヤーと単線及びより線導体の固体及び発泡絶縁ケーブルの製造ライン用に特別に設計された非接触式の測定ヘッドです。

同システムはオンラインでケーブルの偏芯、肉厚、外径、真円度を高い単精度値で測定します。4軸(外径)または8点(偏芯、真円度)で測定し、測定値は搭載ディスプレイやプロセッサ・システムECOCONTROL シリーズに表示されます。作業者は瞬時に偏芯値を確認することができ、すぐにクロスヘッドの制御やセンタリングに反映させることが可能です。結果、材料削減の最大化が保証されます。

 

極細同軸ケーブルの測定

携帯電話、LEDディスプレイ、医療用プローブなどのアプリケーションでは、極細サイズのワイヤーが必要とされます。それらのケーブルは導体径25μm、絶縁肉厚80μmにもなります。このような外径のケーブルにおいては、高周波信号をロスなく伝送するため、仕様は厳守されなければなりません。

特別バージョンのCENTERVIEW 8010は、 外径0.05 mm (40 AWG)からの極細同軸ケーブルの測定に最適なモデルとなっています。

 

メリット

  • 非接触式8点偏芯測定
  • 4軸外径測定
  • 8点真円度測定
  • 短期変動の分布を表示する散布図
  • 測定ヘッドの自動センタリング
  • 保守、校正不要
  • 7" TFTモニター搭載 (CENTERVIEW 8000e)
  • 極細同軸ケーブルの測定 (CENTERVIEW 8010 MICRO)