本サイト: Home: ホーム / 製品 / ホース&チューブ / ECOCONTROL Series

更に、表示/制御装置は、アプリケーションに応じた自動制御を実現する優秀なソフトウェアを搭載しています。

自動外径/肉厚制御: SET POINT
制御ユニットSET POINTは、全てのECOCONTROLモデルに搭載可能な特別機能です。線速または押出機rpmを制御することにより、外径または肉厚の公称値への継続的な自動制御を実現します。

ホット/コールド制御: HC 2000
HC 2000では材料の収縮率が継続的に計算され、外径及び/または肉厚の制御に自動的に反映されます。

ワイヤー、電線製造ライン用CD-制御
外径とキャパシタンスが相互影響することを鑑み、SIKORAのCD-制御は、もう片方の測定値へ予測される変化を高度計算で割り出し、制御工程の中で必要な補正を実行します。

ワイヤー、電線製造ライン用FFT-解析/構造的反射減衰量(SRL) – ECOCONTROL 6000
ECOCONTROL 6000は、データ及び高周波ケーブル製造の要件に合わせて特別に調整されたFFT及び構造的反射減衰量(SRL)データをオプション機能で表示します。

データ記録
ECOCONTROL 6000と1000には、高機能ハードディスクへのデータ記録が含まれ、ECOCONTROL 600ではオプションでご提供しています。

VIRTUAL 2000
バーチャル測定技術は、押出機直後に測定が不可能な製品構造やライン構成のあらゆるアプリケーションに適しています。VIRTUAL 2000は、ライン後方からの測定値で押出機を制御することによって生じる遅延時間を削減します。ラインの立上げ時から既に優秀なソフトウェア・コンセプトが入力した製品とラインのパラメーターから予測されるコールド側の肉厚を算出します。