本サイト: Home: ホーム / Produkte / RADAR SCAN 6000 (メタル)

Radar technology measures the diameter and ovality of steel pipes

SIKORAのRADAR SCAN 6000は進歩的な高分解能レーダー技術に基づいており、光学式三角測量技術に代わる革新的選択肢をご提示します。RADAR SCAN 6000はオンラインで接触することなく、メタルパイプの外径と真円度を多方向から同時に測定します。パイプの円周360°に渡り測定値をミクロン精度で記録します。更に高速に回転するメタルパイプも正確に測定することが可能です。レーダー式測定システムは時間のかかる校正は必要なく、埃、熱、蒸気などの影響を受けず、継続的に精度高い測定値をお届けします。幅が細いデザインのため、RADAR SCAN 6000は製造工程に簡単に組み込むことができます。同技術は光沢やマット及びコールドやホットな表面にも適しています。

 

Evaluation and display

外径と真円度はリアルタイムで表示されます。プロセッサー・システムは測定値の数値表示とそのグラフィック表示及び幅広いトレンドや統計機能もご提供します。

仕様

測定原理レーダー技術(FMCW [周波数変調継続波] technology)に基づく非接触式
適用と材質メタルパイプの外径と真円度測定(ホットとコールド測定)、メタルパイプの樹脂被覆の肉厚測定(コールド測定)、パイプの円周360°に渡る測定値の記録
測定範囲50 - 400 mm (その他測定範囲はお問い合わせください)
測定周波数80 - 300 GHz
測定回数370 Hz/1 kHz
インターフェースUSB
オプション: 産業用フィールドバス(例. Profinet IO, EtherNet/IP, Profibus-DP, CANopen, DeviceNet), LAN, OPC DA/UA
電源100 - 240 V AC ± 10 %, 50/60 Hz