本サイト: Home: ホーム / Produkte / REMOTE 2000

測定値は5桁、高さ20mmの明瞭なLEDディスプレイに表示されます。パネルへの組み込みや測定ヘッドへの取り付けに最適です。

LASER Series 2000/6000とREMOTE 2000の組合せ 
REMOTE 2000は、LASER Series 2000またはLASER Series 6000の測定ヘッドと組合わせることができます。

REMOTE 2000は50製品レシピの製品登録に対応しており、公称値や公差を簡単に呼び出すことが可能です。制御モジュールSET POINTと組合わせることで、製造中の線速または押出機回転数の自動制御を実現します。オプションで長さ軸の測定値や統計データの印刷及びデータ収集用外部PCやPLCライン制御操作への接続をサポートするインターフェースもご提供しています。

SPARK 2000/6000 とREMOTE 2000の組合せ
REMOTE 2000はまたSPARK 2000/6000との組合せにも適しています。公称試験電圧などのパラメーターを簡単に入力することができます。明瞭な数値表示は、現在の試験電圧や絶縁破壊の数を作業者にお届けします。

LUMP 2000とREMOTE 2000の組合せ
LUMP 2000との組合せでREMOTE 2000は欠陥の数と種類を表示します。記号で作業者に欠陥がコブなのか凹みなのかをお知らせします。高さ、深さ、長さなどのコブや凹みの情報は記録されるため、作業者は以前の欠陥を振り返ることも可能です。

CAPACITANCE 2000とREMOTE 2000の組合せ (ワイヤーとケーブルのみ)
キャパシタンス測定装置CAPACITANCE 2000との組合せでREMOTE 2000は、分散表示機としてキャパシタンスの測定値を明瞭に表示します。

 

メリット

  • 大きく、明瞭なディスプレイとキーパッド
  • 測定ヘッドとの設置距離に制限なし
  • LASER Series 2000/6000用自動制御モジュールSET POINT (オプション)
  • 測定ヘッド、コンピューターやレポートプリンタとの接続用シリアル・インターフェース(オプション)

仕様

測定値表示デジタル, 5桁 例. 00.000 ... 99.999 mm, 000.00 ... 500.00 mm
表示アップデートプログラム可能、工場出荷時1/秒
公称値/公差選択キーパッド使用(4桁LEDディスプレイに操作表示)
製品登録最大50製品、診断用ソフトウェアを使用して簡単にプログラム可能
公差メッセージ/制御アクションa) LEDディスプレイに明瞭テキスト表示
b) 4点接点出力
インターフェースRS485 (測定ヘッド), RS232 (プリンター)
アナログ出力(オプション)0 - 10 V, 制御に使用していない場合偏差出力
(0 - 10 V、偏差出力+5=0)
電源100 - 240 V AC ± 10 %, 50/60 Hz