本サイト: Home: ホーム / 製品 / ワイヤー&ケーブル / PREHEATER 6000 TC

精密な温度仕様

PREHEATER 6000 TC (Temperature Controlled)に内蔵する非接触導体温度測定はユニークで、出力制御に直接フィードバックし、ワイヤー予熱を精密に制御します。PREHEATER 6000 TC は押出機前に設定され、ワイヤーをインダクション加熱で50°から150°C迄 (オプションで250°C)予熱します。加熱周波数は2,000 Hz 、最大出力は30 kWで、完璧に均一な導体温度を実現します。

革新的温度測定と制御
導体温度の正確な測定及び制御なくしては、達成可能な精度には様々な影響が考えられます-環境温度、導体の元温度、そして特に製造開始または中断後の10-20分間のワイヤー・ガイド・ショート・ホイールの温度展開など。

理想的なソリューションは、 PREHEATER 6000 TC 出口での導体温度の継続測定、並びに出力の継続制御、つまりあらゆる断面の導体、あらゆる線速において常に正確な実際の値です。再現性ある工程が確立されるほど操作エラーは減少します。測定された温度は、装置の両側にある大きなLEDディスプレイに表示されます。

SIKORAの温度測定システムは、独立したシステム、WIRE-TEMP 6000としてもご提供しています

 

メリット

  • 再現可能な工程
  • 絶縁材料の導体への最適な接着
  • 導体温度の継続的測定及び制御
  • LANケーブル製造のための信頼性高いキャパシタンス値
  • ワイヤー断線検知

仕様

機能原理インダクション加熱
適用外径範囲0.45 - 4.5 mm (0.16 - 16 mm²) 標準システム
0.32 - 1.2 mm (0.08 - 1 mm²) 小さい径用
0.32 - 4.5 mm (0.08 - 16 mm²) 同ラインで小さい径と大きい径のワイヤーが製造されるアプリケーション用
上記寸法は単線丸型導体(より線導体)に適用します。
線速50 - 2,500 m/分
加熱周波数2,000 Hz
出力定格10, 20, 30または35 kW
導体温度50° - 150°C (オプション: 250°C), 導体初期温度20 °Cの場合
インターフェースRS485
RS232 EtherNet/UDP
オプション: Profibus-DP, アナログ入出力, ユニバーサル・インターフェース・モジュール
電源3相400 V (オプション 3 x 500 V), ± 10%, 47 - 63 Hz (15, 25, 35, 40 kW)
許容環境温度15 - 45°C
湿度最大95%, 結露なし